• tel 0859-32-8770
  • WEB予約
  • FACEBOOK
  • Instagram
  • Youtube
  • soho wedding
  • tel 0859-32-8770
  • WEB予約

リンク

美容室は美容機器を置くことが前提。

images

美容室を開業する上で物件を探すということは、立地を探すことに次ぐ重要な項目です。
米子の美容室もそうですが、いくら立地が良好でも物件選びに失敗すると集客が見込めない店舗になってしまう恐れがあるためです。
また、物件の状況により内装工事に関してもデザインが制限されてしまったり価格が高くなる場合があります。
美容室を営業する場合に適している物件の種類には1階の路面店と2階、半地下や3階以上の物件が挙げられます。
各々の物件により賃料や内装と外装のデザインの方式が変化します。
さらに、美容室では多くの美容機器を使用するため物件を調べる際には設備容量をしっかりと確認する必要があります。
美容院は、シャンプー台やパーマを施術するための機械など多くの美容機器を使用します。
施術の際に美容機器を不自由なく動かすことができる空間を確保しなければなりませんし、置き場所も考えなければなりません。
こうしたことから、物件自体が設備機器に柔軟に対応できる状態でなければならないのです。
対応できていない場合は、内装工事費が予定よりも多く必要になってしまったり、デザインを大きく変更しなければならない可能性もあります。
具体的には天井高と床、給水と排水、さらに電気関係を重点的に調べましょう。